忍者ブログ
2月2日
85歳女性、中耳炎で耳鼻科に消毒や水抜きに通っていたが、耳が全然聴こえなくなってお医者さんに「私、全然耳が聴こえなくなっちゃったんですけど聴こえるようになりますか?」と尋ねたところ
お医者さん「もう老化だからダメですよ。」
その患者さんはガックリした表情で川井院長に「全然耳が聴こえないって言うのは苦しいし、もう不安で不安で…」
院長「どうしてお医者さんはもう老化だからって決めつけたんだ?そういう常識はダメだ。患者さんをダメにする言葉だよ。勉強足らずだよ。
今、あなたの内耳・中耳の血管が凄く細くなっちゃって、血流障害が酷いんだよ。今の耳鼻咽喉科の常識では治せないから老化って言うんだよ。
私にはそんな常識はないよ。耳の中の血管を拡げる技術を私は持っているんだよ。20回治療すれば聴こえるようになるよ。」
患者さん「本当ですか!?お医者さんが老化で駄目だっていうのに…」
その患者さんは泣いて喜んだ。
1日おきに積み重ねて、積み重ねて約20回。
院長お得意のジョークで「○○さーん!私のNHKのアナウンサーのような声が聴こえますかー??」
患者さん「すっごく良く聴こえます笑」
患者「この間、検診に行ったらお医者さんが『ビタミンB12が効いたね』って。」
院長「なんてこと言うんだ!老化だから治らないって言ったのに。」

院長は病院で治らない、ダメだ、という常識を覆した究極の鍼プラクティックを開発して目も耳も心臓も腎臓も、ビックリする程型破りで常識を超えた治療法を今日も行なっています。

これは今日院長が行なっている治療風景です。

PR
【2018/02/02 10:30 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<2月4日 | ホーム | 2月1日>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>