忍者ブログ
2月1日
車椅子で通っている82歳の男性の患者さん

腰の脊柱管狭窄、椎間板ヘルニア、股関節の変形、腰仙関節、仙腸関節、骨もかなり老化してきている。
しかし院長は「手術したら再起不能になっちゃうよ。鍼でしっかり修理すれば、また歩けるようになるから!」
院長は心が純でどんなことをしても治りたい!という人には、手術しなくても治す自信があるという。
治療中、患者さんがスタッフに
「もうちょっと良くなったらタクシーじゃなくて、電車に乗って自分で歩いて通おうと思っているんです。そんなイメージで私はいるんです。だから最寄りの駅と出口を教えといて下さい」
付き添いの奥さんが
「うちの主人、他にも難病があって自分の免疫でやっつけちゃう病気なんです」
院長「この人の体すべて修理して、あと15年は元気で暮らせるようにしよう。」

スタッフが院長はこれからVIPルームでお医者さんの治療に入ります、と言ったら
「え、お医者さんも鍼するんですか!?」
と驚いていました。
PR
【2018/02/01 16:30 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<2月2日 | ホーム | 1月31日 no.2>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>