忍者ブログ
  • 2018.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/05/25 02:23 】 |
1月24日
「院長は腕の痛みでも、円形脱毛症でも、酷いしゃっくりでも耳の難聴でも、全て左の頚椎(首)で治しちゃうんですね。」

今朝8時に来た患者さん。10月から腕が痛くて痛くて、おまけに円形脱毛もできて…。
院長はいつも一緒ですよね、左の頚椎椎間板。
院長「手が引っ張られるんだよ私は。長年やってるからなぁ。全部、交感神経の緊張なんだよ。脳細胞の毛細血管が細くなっちゃっているんだよ。
左首を治療すればほとんどのものが治る。」
スタッフ「院長の技術を一所懸命習得しようと思っているんですけど中々難しいですね。」
院長「そうだよ、私でも30代から40年もかかってるんだよ。
でもあなたは純な心の持ち主でどんなことをしても覚えたい!という心があるから、あなたは10年で自然に手が引っ張られる様になると思うよ。この治療は習得するまでに年月がかかるし、底の深いすごい治療なんだよ。それが分かるのはあなたが本当に頭がいいからだよ。」

土曜日に来た、めまいの薬を飲んでから酷いしゃっくりになった患者さんの話を円形脱毛の方にしながら院長が「なるべく副腎皮質は使わない方がいいですよ。ほとんどの人が自然治癒力の鍼治療で治るんだから。」
PR
【2018/02/01 09:29 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<1月25日 | ホーム | 1月23日>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>