忍者ブログ
  • 2018.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/11/20 17:47 】 |
1月11日 no.3
私(院長)はどんな難病も治す事が出来るんだけど、昨日・今日と来た患者さん。
1人は心臓、1人は脳神経からくる手の震え口の震え。
この患者さんたちには、やっぱり一緒にくる付き添いの奥さんが愛情たっぷりの人でなければ院長1人では治せない、と院長は日頃から言っています。
今日来た難病の患者さんの奥さんに
「あなたが見捨てない限り、私は命がけで治す自信はあるんだけど、このご主人を治すにはあなたの愛情が必要なんだ。時間はかかるよ。でも、惚れて惚れ抜いて結婚したんでしょ?旦那を大事だと思って最後まで面倒見てあげようって精神だったら、私も命を削って治療しますよ。」


院長がうちのスタッフのあやかとりえこに、
「お前たち、結婚する時には惚れて惚れ抜いた人と結婚しないと、いざ旦那が難病になるときっと逃げ出すと思うよ。結婚する時は惚れ抜いた人と結婚しなさい」
PR
【2018/02/01 09:07 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<1月13日 | ホーム | 1月11日 no.2>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>