忍者ブログ
気の巡りの凄くいい遺伝子
娘さんが80歳のお父さんを連れていらっしゃった。
「お父さん、頭がずーっと重くて、背中も痛くて病院に行っても何をやっても治らないんです」
院長、脈をとりながら
『あなたのお父さんの家系は、みんな100歳近くまで生きてる?』
「ハイ、ほとんど97とか98とか、みんな90代まで元気です。何でそんなことがわかるんですか?」
『気の巡りの良い人は、長生き遺伝子が入ってる人が多いんだよ。50数年もやってるから、色んなことがわかる。あなたのお父さん治りやすいよー!今日1本か2本の鍼で、この頭痛も背中の痛みもとれるよ。
何しろ気の巡りの凄くいい遺伝子は長寿が多い。そして、治りやすい。まあ、20人か30人に1人こんな気の巡りが良いと、ちょこっと鍼を打っただけで魔法のように治る。こういう人は滅多に出会わないねぇ。だから今日はもう、すこぶる元気になって帰るよ!』

「なんでわかっちゃうんですかね?院長は…」
「50数年いろんな人を見てるからわかるんですよ」
スタッフが一生懸命説明している。こういう人ばかりだったら治療は楽だけど、そうはいかないんですよ。こういう人だったら魔法みたいでテレビでショーも出来るね。
今日そんな気の巡りの良い患者さんが来てくれて、少しいつもより治療師側の体の負担がすごく少なくて、今日はなんと魔法のような治療ができた1日でした
PR
【2019/09/16 10:31 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<心を院長は感じる | ホーム | 技術というボール>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>