忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/18 10:52 】 |
今週の患者レポート
1年前に脊柱管狭窄症の手術をした73歳の女性。
手術後、1ヶ月は楽だったが急に歩幅が狭くなり、両手に杖をつかないと歩けない状態になってしまったそうです。
それから7~8ヶ月後に、娘さんとお孫さんに付き添われて来院されました。

本人は手術が失敗したんじゃないかと思っていたようですが、院長が色々と問診をした所「手術は成功しているよ。これはストレスからきているよ。」
院長の言葉を聞いて、本人も心当たりがあるようでした。
院長はまず『川井式免疫鍼法』で脳の緊張をゆるめた後、頚椎(首)からも影響しているからと、新しい頚椎の治療をしました。
すると治療後、歩いて様子をみてもらうと、転びそうな状態だったのが歩幅が広くなりスムーズに歩ける様になっていました。
それを見た付き添いの2人も「歩くのが速くなったし、姿勢も良くなっているよ。」と驚いていました。

私はこの患者さんを見ていて、院長の言うように心と体が本当に密接に繋がっているんだなぁ、と改めて感じました。

スタッフ  長谷川
PR
【2016/02/04 17:21 】 | 従業員ブログ | 有り難いご意見(0)
<<「はりプラクティック川井式鍼灸術」 | ホーム | 「気」シリーズ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>